テレクラジャーニー

  1. テレクラジャーニー
  2. まとめ記事
  3. 2008年江戸川出会い系女性不明事件まとめ
♥アダルトブログランキング♥

2008年江戸川出会い系女性不明事件まとめ

江戸川出会い系女性不明事件まとめ

江戸川出会い系女性不明事件まとめの体験談・経験談・評価・評判・口コミをまとめました。

どこからどこまでが真実かは不明ですが、利用する際には参考にしてください。

覚せい剤乱用者が起こした事件です。この事件の被害女性は未だに消息不明のままになっています。本当に怖い事件です。

テレクラや出会い系をやる時は事件を起こさない、巻き込まれない事が大事です。

サイト内にはテレクラを無料で使える「紹介コード」を配置していますので、まずはお試しポイントを使ってテレクラを楽しんでみてください。
それでは本編スタートです!!

<このページの目次>

この記事を読めば2008年江戸川出会い系女性不明事件まとめについての情報に詳しくなれるかも?!是非最後まで読んでください!!

行方不明

東京都江戸川区の19歳無職女性が4月5日から行方不明となり、警視庁は車で無理やり連れ回したとして、青梅市長淵4、無職26歳男性容疑者を監禁の疑いで逮捕した。

「出会い系サイトで知り合ってドライブの途中で突然車から飛び出した」と供述したことから同庁で14日、山梨県山梨市の山林を捜索したところ女性の所持品とみられるバッグやブーツを発見。
容疑者が女性の行方を知っているとみて調べている。

注射

発表によると女性は6日正午過ぎ、自宅にいた母親に携帯電話で

「知らない男に連れ回され、注射を打たれた」

と助けを求めたため、父親が小松川署に届け出た。 その後の午後1時以降は女性の携帯電話は繋がらなくなった。

さらに女性は6日正午すぎ、自宅などへ短時間の電話を数回かけ「男に連れ回されている」「助けて」と訴えた。

「キャー、キャー」との悲鳴や意味不明な通話もあった。
「2人組の男にホテルに連れ込まれそうになった」という内容もあった。

山梨県警に110番もあり、無言で息を切らすような声が聞こえて切れた。
携帯電話の電波状態が悪く県警側がかけ直し続けると、10分ほどでつながり、女性は名前を名乗ったが、「どこにいるか分からない」と答えた。
その後はつながらなくなったという。
覚せい剤を打たれ、意識混濁の状態だった疑いがあり、同課は監禁容疑などで逮捕した容疑者を追及している。

女性物のブーツやショルダーバッグなどが山梨市の林道脇の山林で発見

ブーツとバッグが見つかったのは青梅市から約50キロ西方の柳沢峠付近。
国道411号から西に入った林道脇の山林で、周囲に民家はなく、所々に雪が残っていた。

捜査1課によると、容疑者の供述に基づき付近を捜索したところ、14日正午ごろ、茶色のブーツとショルダーバッグ、キャラクターがついた手提げバッグの3点が見つかった。
女性が所有していたものと特徴が似ているという。

車内からは尿反応が出ており、警視庁は女性のものか鑑定して調べる。

覚醒剤

容疑者(26)が複数の小袋に分けられた覚醒(かくせい)剤を下着の中に隠し持っていた上、車内からは注射器が見つかっていたことが15日に分かった。

容疑者は逮捕後の身体検査で所持が分かり12日、覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕されている。

「女性に注射を打った」と供述

警視庁捜査1課と小松川署は事件の経緯を調べるとともに覚醒剤の入手先を追及する。

これまでの調べで、車内から少量の血が付いたティッシュペーパーが見つかった。

携帯電話

14日に山梨市の山林で発見された女性のものとみられるブーツの底には泥などが付着していなかったことが分かった。
車では行けない雪の積もる山林内で発見されており、警視庁は監禁容疑などで逮捕された容疑者がブーツなどを車から運び出し山林内に投げ捨てたとみている。

容疑者が使用していた携帯電話は他人名義だったことも調べで分かった。 6日午後に女性から「助けて」と家族に電話があった後、捜査1課は女性の携帯電話のアクセス履歴を確認。 2人が会うきっかけとなった「出会い系サイト」を突き止め、容疑者が使用していた携帯電話の番号を割り出したとの事。

しかし、その携帯電話の名義は他人名義だった。携帯の微弱電波の位置情報から、1台の車が捜査線上に浮上した。
11日午前、その車が青梅市内の駐車場に停車していることが分かり捜査員が急行。
車内で容疑者はワンボックスカーのスライドドアを開けた状態で足を投げ出し寝ていた。

車も自分名義ではなく親族名義だった。

供述

容疑者が警視庁捜査1課の調べに対し、「(女性がいなくなるまで)ずっと1対1だった」と供述していることが16日に分かった。

容疑者の供述によると、合流後、車は高速道路を多摩方面に走行。
圏央道あきる野インターチェンジ(あきる野市)で一般道に降り、近くのガソリンスタンドでいったん給油した。

その後、国道411号沿いの脇道に入った奥多摩町付近の空き地に6日未明、車を止め、そのまま2人で車内に泊まった。
その後山梨方面に車を走らせ、女性のブーツなどが発見された山梨市の林道近くに再び車を止めた。

そこで女性が暴れ出して車から飛び出したという。
その日のうちに東京方面に戻ったとみられる。
この間、「(女性と)一緒にカレーショップでカレーを食べた」などと話しているという。

「自分でも覚せい剤を打ったし、女性にも打った」

などと供述していることも判明、車内から注射器が見つかった。

誓約書

調べでは、容疑者は掲示板に「一緒に冷たいのを決めない」などと書き込んで女性を誘っていたようだ。
事情通によると、薬物に知識のある人なら、この文章が“覚醒剤を打つこと”だとすぐに理解できるという。
自室から大麻が見つかるなど、女性は薬物に興味を持っており、隠語を理解して、誘いに乗ったとみられている。

一方、容疑者の車の中からは、複数の女性が覚醒剤を打つことや、行方不明になっても責任を問わないことなどを自筆した大量の誓約書が見つかった。
同時に、複数の女性名義のクレジットカードも発見されたという。

容疑者が警視庁捜査1課の調べに対し「(石田さんが覚醒剤を打つのが)下手だったので打ってあげた」などと供述していることが分かった。

容疑者が書いた上申書の内容などによると2人は5日午後11時ごろに江東区のJR亀戸駅前、パチンコ店前で待ち合わせをして圏央道をあきる野インターで降り、青梅市方向に向かったという。

途中、ガソリンスタンドに立ち寄るなどしながら明け方までの間に「眠たくなった」といった理由から数回休憩。 捜査1課は、この休憩の際に容疑者が石田さんに覚醒剤を打ったとみている。

また女性が覚醒剤を打つのが下手で代わりに打ったなどとする容疑者の供述から、捜査1課は女性が初めての上、短時間で数回打たれたため、パニック状態に陥った可能性があるとみている。

容疑者は逮捕時に6袋に小分けにした覚醒剤のほかに向精神薬数錠も持っていた。
さらに車内からは注射器も見つかっている。

目撃者

容疑者が8日以降、女性の所持品が発見された山林から約6キロ離れた山梨県甲州市の林道で、車に一人で乗っているところを目撃されていた事がわかった。

捜査関係者によると容疑者が目撃されたのは甲州市塩山地区の山中の林道。
地元の工事関係者が容疑者の車がぬかるみに車輪をとられて動けなくなっていたのを見つけ、脱出するのを手伝った。
男性が現地に来た理由を尋が容疑者はあいまいな返事をしただけだったという。

判決

東京地検は2日、監禁容疑などで逮捕されていた青梅市長淵、無職26歳容疑者を覚せい剤取締法違反(所持)で起訴した。
同日、警視庁は被告を同法違反(使用)で再逮捕した。
女性は見つかっておらず、監禁容疑については処分保留とし捜査を継続する。

女性(19)が行方不明になった事件に絡んで監禁容疑で逮捕(処分保留)され、覚せい剤取締法違反(所持、使用)などに問われた無職、被告(26)に対し、東京地裁は17日、懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)を言い渡した。
裁判官は「常習性には憂慮すべきものがあるが、反省の態度を示している」と述べた。

判決などによると被告は4月11日、東京都青梅市内の駐車場で監禁容疑で逮捕された際、覚せい剤を所持。
同10日ごろ、埼玉県ときがわ町で覚せい剤を使用した。

警視庁などの調べに対して被告は、出会い系サイトで知り合った女性と山梨県内などをドライブしたことを認めたが「女性は峠で休憩中に車から逃げた」などと供述。
現在も女性の行方は分かっていない。

全国のテレクラ:出会い系常連女情報

やっぱりテレクラが一番だわ

リンク:爆サイ|2ch|ツイッター

近所で使えるテレクラ・ツーショットダイヤル

タグ検索

この記事に関する情報提供

最新まとめ記事♪

『事件』の関連記事♪

TJ出会いde動画♪


TOP