テレクラジャーニー

  1. テレクラジャーニー
  2. まとめ記事
  3. 2001年茨城主婦出会い系刺殺事件まとめ
MAX(マックス)

MAX(マックス):最大5,000円分無料

ハニーライン

ハニーライン:最大6,000円分無料

PCMAX

PCMAX:最大60ポイント無料

華の会ツーショット

華の会ツーショット:最大10,000円分無料

熟年電話

熟年電話:最大10,000円分無料

ミセスアイ

ミセスアイ:最大5,000円分無料

ZERO

ZERO:最大5,000円分無料

スイートコール

スイートコール:最大40分間無料

熟女交際バレンタイン

熟女交際バレンタイン:最大5,000円分無料

バレンタインコールTEL H

バレンタインコールTEL H:最大5,000円分無料

名人倶楽部

名人倶楽部:最大5,000円分無料

エクスタシークラブ

エクスタシークラブ:最大4,000円分無料

バレンタインSM伝言

バレンタインSM伝言:最大4,000円分無料

ハニートーク

ハニートーク:初回5,000円分無料

モモコ

モモコ:最大5,000円分無料

パラダイス

パラダイス:最大4,000円分無料

ワールド

ワールド:初回1,000円分無料

華の会メール

華の会メール:最大200ポイント無料

ハッピーメール

ハッピーメール:最大140ポイント無料

Jメール

Jメール:最大120ポイント無料

YYC

YYC:910ポイント無料

♥アダルトブログランキング♥ 【注目記事】MAXグループvsネクセルグループの番組対抗

2001年茨城主婦出会い系刺殺事件まとめ

2001年茨城主婦出会い系刺殺事件まとめ

テレクラ出会い系事件まとめの体験談・経験談・評価・評判・口コミをまとめました。

どこからどこまでが真実かは不明ですが、利用する際には参考にしてください。

2001年に起きた事件です。主婦の身勝手な行動で少年の人生は狂ってしまいました。どこかで誰かが2人を止めていれば、そう思ってしまう話です。

テレクラや出会い系をやる時は事件を起こさない、巻き込まれない事が大事です。

サイト内にはテレクラを無料で使える「紹介コード」を配置していますので、まずはお試しポイントを使ってテレクラを楽しんでみてください。
それでは本編スタートです!!

<このページの目次>

この記事を読めば2001年茨城主婦出会い系刺殺事件まとめについての情報に詳しくなれるかも?!是非最後まで読んでください!!

事件報道

携帯電話の出会い系サイトで知り合った茨城県牛久市の主婦B子さん=当時28歳を刺殺したとして殺人罪などに問われた北海道出身の無職少年19歳に水戸地裁土浦支部(山崎和信裁判長)は21日、懲役5年以上8年以下(求刑懲役5年以上10年以下)の判決を 言い渡した。

判決によると少年は4月23日、渡辺さんの自宅アパート前の駐車場のワゴン車内で 包丁で渡辺さんを刺して殺害した。
少年は出会い系サイトで渡辺さんと知り合って交際を続け、3月に北海道から茨城県に転居していた。

検察側は「少年は、渡辺さんが自分と同居しないことに憎悪を抱いて殺害した」と主張した。
弁護側は「独身と信じていた渡辺さんが離婚していなかったことで裏切られ、気付いた時には 刺していた。

「被害者の落ち度も大きい」とし、家庭裁判所に再移送し保護処分にするよう求めていた。

ネット上の声

これは、いくら偽善者も増えつつあるネット住人でさえ誰も刺された主婦に同情しなかった。
出会い系サイトで出会った男子高校生をたぶらかし、夫婦ゲンカした際には、この加害者の少年のとこまで家出して少年が高校を出た際には近くまで呼び寄せて一緒に居酒屋でアルバイトまでしていた。
それをパラサイト専業主婦だったB子は、いい加減旦那に愛想をつかされそうになるや さっさと無職少年を切ろうとするが、逆上した無職少年に刺され死亡。
なんとか家まで逃げ帰るも「この人にやられた」と
こんな事になるまでケータイに少年と写っているラブラブプリクラの少年を指した。 バカ主婦B子は自分の子供の前で絶命したという。
人を刺した無職少年はある意味被害者でもある。
全ては性に飢えたパラサイト煩悩主婦の自業自得な出来事でした。

人一人の命って軽いもんだな、タリバンなら銃殺系ものだってのに
殺された主婦も自ら招いたことだけど、弁護士がそれを言うとはねぇ..
仕事柄当然何だろうけど、弁護士ってちゃんと公正に行われているか 見るだけで、罪を軽減させようとする口出しは無用でいいかもな。

なんか被害者に同情できない事件だったよこれ。
本当に別れるつもりなら何で仲良く居酒屋でバイトしてんの?っていう。

牛久のだっぺ主婦が北海道の純な高校生をたぶらかしてその罰に死を与えられたということでよいな

少年は自らの罪を悔い、数年後には社会復帰したまえ

こういうと叱られるんだが……。
まだパソコン通信の時代、とあるフォーラムに入り浸っていた。結構、いい雰囲気だったんだが、主婦連中が入ってくるようになってから争いごとが絶えなくなった。
それも、すげー狭い視点でのケンカ。シスオペがとりなすけど全然ダメで。
すべての主婦が悪いとは言わないけど、あのときのことを思い出すと、とってもイヤーな気分になるわ。
ちなみに、この主婦に対しては、申し訳ないが同情する気になれん。

出会い系サイト

2000年夏に2人は「出会い系サイト」のチャットを通じて知り合った。そして北海道と茨城県の遠距離恋愛がスタートした。2人のやりとりの中で「独身OL」「母親や弟と一緒に住んでいる」としていた主婦Bは少年と会う前に恋愛感情が芽生えて写真を添えラブレターを送るほどでした。

2000年11月に主婦B子は少年と青森県盛岡市内で待ち合わせをして初めて顔を合わせた。その後も2度ほど函館市内で2人は会っていた。

そして男女の関係になった。

独身OL

2回目に会っている最中に主婦B子の夫から電話があり、B子は「独身OL」ではなく既婚者で子どもがいることがわかってしまう。
夫がいると言えばあなたに相手にしてもらえないと思ったので嘘をついた。
夫のことは好きではく離婚話も出ている。
家族のことよりも私はあなたのほうが大事だし好きだ。
主婦B子が訴えて少年も主婦B子のその言葉を信じた。
その後も、主婦B子の恋愛感情は冷めず、こう言ったのだ。

「離婚届を出した。落ち着いたら部屋を借りて一緒に住もう」

主婦B子の嘘

少年はこの言葉を信じて舞い上がった。その後、主婦B子は夫の暴力から逃れる為として少年の実家を訪ねて夫との離婚を前提を約束して両親に同棲を認めさせている。
しかし、実際には主婦B子は夫に説得され離婚をしていなかった。

こうした流れから一般的に考えられるは離婚成立と主婦B子と少年の結婚を前提とした同棲生活のスタートだった。
主婦B子がそこまで少年の事を好きだったという事実は良くも悪くも少年の気持ちをも強く動かした。

この時、少年の母親は主婦B子に不信感を抱いていた。少年に別れるよう伝えたが少年は主婦B子を忘れることができなかった。

「母親と一緒にいては、カノジョと会うことができない」

少年は家出を決意して行動に移して、茨城県内で主婦B子と会うことができた。
主婦B子は
「離れてもあなたを忘れなかった。夫とは離婚できたが親から言われ一緒に住んでいる。家を出たくてもお金も無く、住む所もない。貯金して一緒に暮らそう。でも、あなたの母親は苦手だし、こちらの友人とも離れたくない」と言った。
少年は
「専門学校を辞めてまた来るから、こっちで一緒に暮らそう。親に反対されてもくるから」と応えて北海道の自宅へ戻った。

疑心暗鬼

その後、主婦B子のじらす言葉が多くなり少年が苛立ちだすことになる。

「今日は家を出られない。保育園を変えたいがお金がない。保険を解約してお金を作り家を出ようと思ってる」
との言葉に更に疑問がわいてくる。そのうち母親から、

「騙されているのではないか」

と電話で言われている。少年は親の反対を押し切って来て、知人の居ない土地では将来の見通しもたたない状況だった。

少年は主婦B子の気持ちを確かめて本気でなければ、主婦B子を殺して自分も死のうと決意して犯行に及んだのだ。

全国のテレクラ:出会い系常連女情報

やっぱりテレクラが一番だわ

リンク:爆サイ|2ch|ツイッター

近所で使えるテレクラ・ツーショットダイヤル

タグ検索

この記事に関する情報提供

最新まとめ記事♪

『事件』の関連記事♪

TJ出会いde動画♪

NEW FANZA R-18

WEB SERVICE BY FANZA


TOP